スポンサーサイト

2017.11.14 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    パイプハウスの剪定が終わりました♪

    2015.01.29 Thursday

    0
      寒い日が続きますが、一般に露地薔薇は今この時期に剪定という作業を行います。
      農園ではパイプハウスと冷室の薔薇を毎年この時期に剪定していますが、パイプハウス内の露地薔薇の剪定が先日終了しました。



      ↑露地薔薇剪定後の写真



      ↑露地薔薇用パイプハウス

      露地薔薇は冬に入り、徐々に葉を落としながら休眠zzz(花芽が成長しなくなる状態)していきます。
      寒さがピークに達するこの時期に、伸びている枝を低い位置に切り下げたり、細くなった余分な枝を切り落としたりする「剪定」という作業をしていきます。
      幸い今年は寒くても天気の良い日晴れが多く、作業中も凍える寒いことなく順調に終えることができました。♪

      剪定をして元肥を入れれば、冬場の作業は一段落します。
      後は3月に入り暖かくなり始めると、休眠していた芽が成長を始めるので生育管理をしていきます。
      昨年は2月の大雪のためパイプハウスがつぶれてしまい、復旧に時間がかかりましたが、今年は順調にいけば5月中にはきれいな露地薔薇が咲き始めると思います。!



      ↑の写真は昨年の大雪で根元のほうから折れてしまった露地薔薇です。
      地面に近い下のほうの切り口が昨年の大雪後に切った跡ですが、昨年の春以降順調に新芽が伸び、夏以降は例年と変わらない花を咲かせてくれました。びっくり
      今年は剪定によってこの枝が一回り太くなり、株によっては新しいシュート(株元からの新芽)も期待できそうです。音符
      薔薇バラの生命力の強さにあらためて感心してしまいましたが、若い枝や芽は病害虫の発生も多くなりやすいので大切に育て、今年もまた素敵な薔薇の花を咲かせられるよう頑張っていきたいと思います。楽しい



      Rose Gallery (ローズギャラリー) 農園のSより




       

      温湯ボイラーが新しくなりました ♪

      2014.10.15 Wednesday

      0
        ここ最近、日中は暖かくても夜間はかなり寒くなってきました。
        Rose Gallery 農園のある御殿場ではここ数日、屋外の最低気温が10〜12℃くらいまで下がっています。
        農園の温室は冬でも良質の薔薇を咲かせるために、概ね日中20℃、夜間は15℃を下回らないよう温度設定をしているので暖房用のボイラーが夜間稼働するようになってきました。

        温室用の暖房には温室内にある配管にお湯を通して加温する温湯ボイラーを利用していますが、数年前から経年劣化による水漏れが続いたので、今回新しくすることになりました。



        ↑新しい温湯ボイラー

        ↓今まで使用してきたボイラー



        新しいボイラーは交換前のものと比べるとやや大きいですが加温や保温能力がかなり違うらしく、今まではメイン温室を3台のボイラーで暖めていたのに対し、2台で十分補えるそうです。びっくり
        また、屋外気温を測定していて、外気温に合わせてボイラーの湯温を自動で調整してくれる(今までは手動調整)そうなので燃費も良くなるそうです♪
        ボイラーの燃料にはLSA重油(低硫黄燃料)を使用していますが、雪寒いの降るような寒い日には農園の屋外気温がマイナス5〜8℃くらいになる日もあり、一日で重油を1,500ℓ以上使うこともあります。
        燃料価格が高騰している現在、燃料の節約が重要な課題の一つでもあったのでこれで少しでも改善されると期待しています。!

        薔薇バラは気温が低くなってくると休眠するため芽の生長が止まったり、花芽ができなかったりするので、冬場の温室栽培には高い温度を維持できる暖房が欠かせません。
        まだ稼働してから間もないので、どの程度ボイラーの性能が良くなったかははっきりとわかりませんが、暖房性能も上がったということで、今まで以上に高品質の薔薇をより多くお客様の元へ届けていきたいと思います。楽しい


        Rose Gallery (ローズギャラリー) 農園のSより





         

        ブラックティの枝変わり?

        2014.09.19 Friday

        0
          ​Rose Gallery の農園ではメイン温室だけでも20品種近い薔薇を育てていますが、同じ薔薇という植物であっても品種が違うと育ち方も様々なため、各品種ごとにメインの担当スタッフを決めて各品種の特性に合った手入れをするようにしています。

          ブラックティを担当しているスタッフが色の違う花が咲いたということで写真を撮ってもらいました。



          ↑写真の薔薇はRose Gallery 農園で咲いたブラックティ

          ↓上の写真中央のピンク色のブラックティ



          これは薔薇の枝変わりというもので、1株の一部の枝から花色の違う薔薇が咲く現象で、一度花色の変化した枝からは同じ色の花が咲き続けます。(なかには花は同じでツルバラに変わるものもあります。)
          枝変わり自体は他の品種も含めると稀にみられる現象なのですが、ブラックティの枝変わりでこのようなきれいな花色のものはなかなかありません。
          実は担当スタッフに以前からきれいな色のブラックティが咲いていると伝えてもらっていたのですが、花が小さかったり、花形が悪かったりとなかなか写真に撮れるようなものがなく、これまで紹介することができませんでした。

          枝変わりの花は新しい薔薇バラとして品種登録することもできます。
          Rose Gallery 農園でも枝変わりとして元の花とは違う品種をいくつか育てています。
          メイン温室ではマレーラ(カクテル80の枝変わり)やダーリン(ソニアの枝変わり)などがあります。

          ブラックティは薔薇としては珍しい独特の色合いが好まれる薔薇として認識していましたが、こうして色の違うブラックティをみると改めて花形の美しさにも目を惹かれます。きらきら
          残念ながら商品としてお客様にお届けすることはできませんが、薔薇には交配で生まれる品種以外にも枝変わりとして生まれる品種もあることを知って頂けたら幸いです。楽しい


          Rose Gallery (ローズギャラリー) 農園のSより






           

          新苗採花!

          2014.08.20 Wednesday

          0
            一ヶ月くらい前に 「新苗の生長が順調です」 と、このブログで記事にしましたが、その後の生育がとても良く、茎の太さや草丈も十分なので花を咲かせてみました。



            ↑新苗レッドスター

            新苗を初めて採花するときは花弁数が少なくないか確認したり、実際に↑の写真カメラのように開花させて花のボリュームや花持ちを十分確認しています。
            少し分かりづらいですが、写真の左下の一番小さい蕾は早めに採花しただけで、開花が進めば中央下の花とほぼ同じ大きさになります。



            ↑現在の新苗の様子

            ついこの間まで中腰でかがみながら手入れをしていたのですが、苗木の高さもあっという間に自分の背丈を越えてしまいました。びっくり
            これまでは花芽がつく前にピンチ(先端をつまむ作業)してきましたが、今後は枝の太りを見ながら花を咲かせるものと、ピンチして枝を育てるものを一本一本丁寧に選別しながら手入れをしていきます。

            例年ですと新苗は、気温が少し下がり始める9月頃から花を咲かせ始めるのですが、今年は生育が良かったこともあり少し早目に咲かせてみました。
            花のボリュームや花持ちも十分だと確認できたのでお店の方に出荷していこうと思います。音符

            今年の新苗はレッドスターとブルームーンのため、すでに植え替え箇所以外で採花しているので特別新苗として店頭に並ぶことはありませんが、良質な薔薇花束をより多くお客様に提供できるようになりますのでよろしくお願いします。楽しい


            Rose Gallery (ローズギャラリー) 農園のSより
             

            生育順調!

            2014.07.17 Thursday

            0
              前回は温室の植え替え作業について紹介しましたが、植え替えした新苗は現在順調に生長しています。



              ↑現在の新苗の様子(レッドスター)

              ↓新苗全体の様子



              植え替えした時は1番下のネット(1枚目の写真参照)の高さくらいだった苗も3倍近い草丈になってきました。楽しい

              以前このブログでも少し書きましたが、新苗の育て方は蕾がつく直前にピンチ(新芽の先端を切り落とす)して、次の新芽を出させていきます。
              蕾がつく前にピンチすると新芽が太くなっていくので植え替えから夏夏にかけてこの作業を繰り返していきます。
              2品種合計で約2,600本もの新苗がほぼ同時期に生長していくので、毎日生長を確認していかないと最適な状態でピンチできなくなってしまいます。汗
              現在早いものでは最後のピンチになりそうな枝もあり、この枝から出る新芽が順調に育つと45日後くらい(9月上旬頃)には少しずつですが採花花束できそうです。

              全体的には今後の気候にも大分左右されますが、9月中旬頃から本格的に採花できるよう育てていきますのでお楽しみに!


              Rose Gallery (ローズギャラリー) 農園のSより
               

              植え替えが終わりました♪

              2014.06.23 Monday

              0
                以前このブログで「植え替えが始まりました」(参照) という記事を書きましたが、 その植え替えも無事終わり、新苗の育成が始まりました。
                そこで、植え替えの工程を簡単ではありますが紹介していこうと思います。

                今年の植え替えは2品種分の約125坪、株数2600本くらいの植え替えになりました。
                以前紹介した記事でも少し書いていましたが、まずは古い株を切り下げていきます。



                ↑全体の切り下げ及び支柱等撤去後の写真カメラ

                切り下げは、針金でネットに誘引してある薔薇の枝を除去しやすいように細かく切りながら枝だけを取り除いていきます。
                通常の作業(採花や出荷など)もありますが、その他の作業時間すべてを植え替え作業に割り振っても2品種切り下げるのに3日程かかりました。しょんぼり

                続いて、小型のパワーショベルにて抜根し、フラットな状態にしてから温湯消毒の準備をします。



                ↑フラットにした地面にケイントップ(サトウキビの茎葉)を一面に敷き詰めます。
                のちに温湯消毒で病原菌と一緒に死滅してしまう微生物の繁殖を助けるエサになるそうです。

                ↓温湯消毒の作業風景



                ​この温湯消毒の作業は専門の業者にお願いしています。
                温室暖房用のボイラーを使用し、90度以上のお湯を専用のチューブで地面に浸透させていき、4時間ほどお湯を流した時、地中40cm下あたりの温度は60度以上あるそうです。びっくり



                ↑ビニールで覆いながら温湯消毒

                消毒時の保温と終了後の雑菌の繁殖を抑えるためビニールで覆い、今後加える優良な菌が繁殖できるくらいの温度になるまで1週間程度このままにしておきます。

                その後は堆肥や肥料、優良菌の資材などを全面に撒き、トラクターで土と混ぜていきます。
                堆肥だけでも100袋くらい入れていかなければならないのでなかなかの重労働です。力



                ↑堆肥等を入れ終えた状態

                トラクターで撹拌した後は、水糸などで畝(うね)と通路を仕切り、ようやく新苗を植えていきます。

                ↓これから植栽する新苗



                2品種分で約2600本の新苗を、病気にかかっていないか、成長が悪い苗はないか、など一本一本チェックしながら専用のメジャーを使い、等間隔に植栽していきます。
                3日ほどかけて植栽終了です。



                ↑植栽終了後、支柱を立て直した状態

                これでようやく植え替えが完了しました。!
                今後は花芽をつけないように、成長する芽をピンチ(新芽の上部をつまむ作業)していき、夏の間にしっかりとした株を作っていきます。


                長々と少しマニアックな記事になってしまいましたが、薔薇バラの植え替え作業がどんなものか知って頂けたら幸いです。楽しい

                9月には Rose Gallery の薔薇として立派な花を咲かせられるよう育てていきますので お楽しみに!


                Rose Gallery(ローズギャラリー)農園のSより

                パイプハウス満開♪

                2014.06.06 Friday

                0
                  前回記事で紹介したパイプハウスの露地薔薇がここ数日暑かったこともあり、一気に花が咲きました。



                  ↑パイプハウス内の露地薔薇バラ

                  ここ数日、全国的に暑い日暑いが続いたため元々開花寸前だった露地薔薇が一気に咲いてきました。
                  通常なら品種ごとに咲く時期が若干ずれるのですが、今年は開花直前にハウスが完成して急に日中の気温が上がったことと重なって多くの品種が一斉に咲いています。

                  暖房をせず、春先の寒暖の差を受けて育つ薔薇は色鮮やかで香りも高くとても素敵に花を咲かせます。
                  今後は採花量の多い日と少ない日の差はありますが、11月頃までRose Gallery の各店舗で取扱っていますのでお問い合わせ下さい。

                  話は変わりますが、農園のある静岡県(東海地方)は先日梅雨入り雨しました。
                  薔薇にとってはもっとも病気の出やすい季節となります。悲しい
                  庭先での露地植えや鉢物を育てている方は黒点病(黒星病)や うどんこ病、べと病などが出やすいので注意が必要ですね。
                  毎日の観察と早期治療(薬剤などの散布)がとても大切になります。!
                  農園スタッフも気を引き締めて薔薇の管理をしていきますのでよろしくお願いします。


                  Rose Gallery(ローズギャラリー)農園のSより

                  パイプハウス完成!

                  2014.05.27 Tuesday

                  0
                    2月の大雪で潰れてしまった露地薔薇栽培用のパイプハウスがようやく完成しました。



                    大雪雪の影響で全国的に多くのハウスが被害に遭い工事が混み合っていたため、なかなか着工できなかったのですが、露地薔薇が咲く前までには・・・とお願いしていた所、ぎりぎりでしたが何とか花の咲く前に完成できました。音符

                    実際には↓の写真のように一部早いものは花バラが咲いていますが、本格的に咲きだすのは1週間〜10日ほど後になると思います。


                    ↑「モダンタイムス」

                    ↑「カクテル80」

                    大雪で潰れてしまったハウスの下敷きになって、↓の写真のように株の根元まで深く剪定しなければならなかった薔薇も多かったのですが、一株ずつ丁寧に剪定し、管理してきたことで一本も枯れることなく復活させることができました。グッド



                    ↓深く剪定した箇所の現在の様子



                    深く剪定した箇所はまだこれから株を育てなくてはならないので、蕾が大きくなる前に一度花芽を切っています。
                    夏頃にはしっかりとした株に育ってくれると思うので夏以降採花できそうです。!

                    もちろん通常の剪定ができた個所は↑の方でも紹介した通り、1週間〜10日程で採花できます。
                    Rose Gallery の露地薔薇は、温室で切花用に栽培するには向いていないけれど、薔薇の愛好家の方々にも人気のある優れた品種や、農園で過去育てていた希少な品種などが多数栽培されています。
                    これから11月頃まで「露地薔薇」として、 Rose Gallery のお店に出荷していきますのでよろしくお願いします。楽しい

                    尚、現在オンラインショップでは露地薔薇の取扱いがありませんので、Rose Gallery (ローズギャラリー)各店舗までお問い合わせ下さい。


                    Rose Gallery (ローズギャラリー)農園のSより
                     

                    植え替えが始まりました!

                    2014.05.21 Wednesday

                    0
                      ローズギャラリーにとって大きなイベントである「母の日」も終わり、バタバタしていた農園もようやく落ち着いてきました。
                      毎年のことですがこの時期は古くなった薔薇の苗木の植え替えをしていきます。

                      当農園では、10年程度は同じ苗木で採花することになるので、この植え替えは大変重要です。
                      苗木の状態や土壌環境、品種のバランスなどを考慮して毎年少しずつローテーションしながら行っています。



                      ↑植え替える新苗

                      植え替えには現在植えてある薔薇を抜いて写真カメラのような新しい苗を植栽します。
                      新しい苗を植えるまでの工程は、古い薔薇の切り出し、ネット及び支柱撤去、抜根、温湯消毒、元肥入れ、整地、新苗植栽といった感じですべての作業を20日程度の期間で行います。



                      ↑植え替え箇所の切り出し
                      植え替え箇所の古い苗木を細かく切り、支柱やネットを外せるようにしていきます。

                      今年は古いブラックティとレッドスターを新しいブルームーンとレッドスターに植え替えますので、2品種で約2600本の植え替えになります。
                      通常の農園の作業に加え、植え替えの作業もあり、なにかと力仕事も多いので大変な時期ですが皆で頑張ります。頑張る

                      いろいろな作業については植栽が終わる6月上旬頃に紹介できたらと思っていますのでよろしくお願いします。楽しい


                      Rose Gallery(ローズギャラリー)農園のSより






                       

                      Mother's Day♪

                      2014.05.03 Saturday

                      0
                        5月11日は母の日ですね♪
                        Rose Gallery(ローズギャラリー)でも母の日に贈る薔薇の注文が多くなっています。
                        農園ではお客様の需要にできる限り応えるため、生花は早いもので1月末頃から順次計画的に手入れをし、母の日により多くの生花を咲かせるよう頑張ってきました。
                        今年は4月まで寒い日が多く、生育が遅れる心配もありましたが、4月後半からは暖かい日が増え、母の日に向けて順調に育っています。

                        ミニチュアローズ(ミニバラ)もプランターの寄せ植えを作り、母の日用に準備しています。



                        ↑母の日用に各種プランターに寄せ植えしたミニバラ



                        ↑今年の母の日用プランター寄せ植えラインナップ

                        オンラインショップでは鉢物の取扱いがありませんが Rose Gallery 各店舗にて注文を受けていますので店舗の方に問い合わせをお願いします。
                        なお、店舗でも発送の都合上、5月の7日〜8日頃までの受付になるようなのでよろしくお願いします。

                        オンラインショップでも母の日用の生花アレンジやプリザーブド等5月4日まで注文を受けています。
                        母の日用の薔薇は気候の手助けもあり、年間を通して最も良質の薔薇が採花できる時期でもあるので、日頃の感謝を込めてぜひ薔薇の贈り物花束をしてみてはいかがでしょうか楽しい
                         
                        << | 2/4PAGES | >>